クリーナーの効果

トイレつまりにクリーナーは効果が在るのでしょうか

住宅のトイレと言う設備は、家族の人数が多くなるほど利用する回数は多くなります。
排泄物を流す時には水洗タンクからの水を利用して流すことになりますが、便器の排水管は複雑な形状をしており、この形状により水圧の力を借りて排泄物やトイレットペーパーを砕きながら下水へと送ると言います。

また、複雑な形状をしているため汚れなどが付着しやすく、排水管内部は定期的にパイプクリーナーなどを利用して洗浄をしておくと汚れを綺麗に落とすことが出来ると言いますし、排水管内部を綺麗にしておくことで、トイレつまりが起き難くなるのです。

所で、パイプクリーナーと言うのはキッチンの排水溝や浴室の排水溝の洗浄にも利用する洗剤であり、パイプ内の詰まりにも効果を持つと言います。
浴室などの場合は、髪の毛を洗う事で髪の毛が排水溝へと流れて行くことになります。
また、身体を洗う時の石鹸のカスや皮脂などが流れていき、排水溝内部でこれらが絡み合って詰まりを生じさせてしまったり、悪臭がする事も有ります。

このような事態になった時など、パイプの洗浄剤を使う事で詰まりを解消してくれたり、臭いをシャットアウトしてくれると言う特徴を持ちますが、トイレつまりにもパイプクリーナーは有効なものとして利用する事が出来るのでしょうか。

トイレつまりの原因の多くはトイレットペーパーの流し過ぎなどによるものだと言います。
大量のトイレットペーパーは排水管内部に付着している汚れと絡み合って、それが原因でトイレつまりとなり、水の流れが悪くなってしまったり、酷い場合には完全に流れない状態にしてしまうのです。

パイプクリーナーはこのような異物の除去には効果が無いと言われており、トイレつまりにおいては異物を取り除く方法で詰まりの解消を行う必要があるのです。

重曹やお湯などはその代表的な方法として知られているのですが、お湯を使う場合には熱湯を利用するのではなく50度前後のお湯を使って異物が軟らかくなるのを待ってから水洗タンクの水を流してみて流れが解消できるかを確認します。

また、重曹をお湯に溶かして利用すると効果が高いと言われていますし、重曹やお湯を使って異物を軟らかくしてからラバーカップを使う事で異物を取り除きやすくしてくれるのです。

トイレつまりが起きてしまった時など、そのままにしておけばトイレが利用出来なくなりますので、このような方法で解消をして、その上でパイプクリーナーなどを利用して排水管内部を洗浄しておくとトイレつまりが起き難くなると言います。