お湯で直す方法

お湯でトイレつまりを直す方法

トイレつまりが発生してしまった場合には道具を使って対応するのが基本ですが、どのような場合でも手元に道具があるとは限りません。
特に引っ越した直後や、一人暮らしを始めた直後で十分な準備が出来ていない状態だと、専用の道具を使わずに対処をしなくてはならないこともあります。
そうした場合の対応方法の一つとなってくれるのが「お湯」を使った方法です。

ではこれでどのようにトイレつまりを直すのかというと、基本となるのは適度に温めたお湯をトイレの排水口に流し込むということです。
トイレつまりにはいくつかのパターンがありますが、突然トイレつまりが発生した場合、ほとんどは便やトイレットペーパーが一時的に詰まってしまっていることが原因です。
そのため、排水口にゆっくりと水を追加していけば水流の力で詰まりを除去することができるケースがあるのです。
また、お湯と合わせて重曹を流し込むことも非常に効果的です。
重曹は油分を分解する機能を有していますから、トイレつまりの原因を分解して押し流しやすくしてくれます。

また重曹は熱を加えると二酸化炭素を発生させますので、重曹を一緒に流し込むことによって二酸化炭素を発生、ガスの圧力で詰まりを押し流すこともできるようになります。
重曹は様々な掃除に利用できることで知られていますから、もし自宅にある場合にはトイレつまりにも試してみると良いでしょう。

ただ、この方法で注意をしなくてはならないのがトイレの中に流し込むお湯の温度についてです。
便器に使用される陶器はある程度熱に強い性質を有しているのですが、冷えた便器に直接熱湯を注ぎこんでしまうと、便器が温度差に耐えきれずに割れてしまうことがあるのです。
壊れてしまうと買い替えなくては修理ができなくなりますし、賃貸物件でそうした事態になってしまったのであれば敷金を使って退去時に直してもらうほか無くなります。
温度の目安としては50~60℃程度となっていますから、手で触ることが到底できないような熱湯は絶対に流し込まないようにしてください。
トイレつまりを直すのに使うのであれば、一度沸騰させた後で水を足して温度を下げてから使うようにしましょう。

トイレつまりを水で解決する方法はよく知られていますが、お湯と重曹を組み合わせた方法であればかなり高い確率でトイレつまりを解決することができます。
その分準備には多少手間がかかりますが、もしラバーカップやワイヤーなどの排水管つまりを除去する道具が無いという場合には、是非試してみるようにしましょう。